SERVICE 事業内容

従来のリスクを回避し、
安価に導入可能な
スタンドアローン型AIシステム

従来のAIシステム(クラウド型)

図

スタンドアローンAIシステム(独立型)

図

従来のAIシステムでは、AI本体がクラウド側にありインターネット回線の接続が必要でした。
クラウド型のAIシステムはランニングコストの負担が大きく、ウイルスや漏洩のリスクもあり利用が難しいケースも増えています。

わたしたちが開発したのは、ネットワーク構築やクラウドとの通信が不要なスタンドアローン型のAIシステム。
AI本体が端末のAI基盤に搭載され、単独で動きます。
また、AI学習システム「Noel Vino」を活用して、独自のデータ作成が可能。
データを学習させ、ノウハウを温存し、競争力のあるシステムを実現します。

クラウド型と
スタンドアローン(独立)型の比較

クラウド型 スタンドアローン
(独立)型
ウイルス感染リスク あり なし
情報漏洩リスク あり なし
データ量 重い 軽い
コスト
オリジナルデータの作成
オリジナルデータの作成とは?

どのようなオリジナル
学習データを作成するか、
どのようにAIシステムを
構築するか。
アイデアと設計次第で
可能性は如何様にも広がります。
ご相談は無料です。

お問い合わせはこちら